時事ネタ・海外での体験について


物を購入する時に、消費者は知らない販売者・広告代理店の本当の思惑!
これを知っているのと知らないのでは、選定基準が大きく異なるはず!
知らなければ損をする、経営者だけが知る本当の情報を教えます!
下記より無料登録して下さい。

無料 動画 口コミ

俗にいう「従軍慰安婦の問題」について

今回の問題は従軍慰安婦について。

 

まず初めに、南京大虐〇と同様に、私が若い頃は「日本軍による強制連行があった」と思っていました。

 

でも、これも南京問題同様に調べていくと、「んん???なんか怪しいな・・・」というか、強制連行を日本軍によって行われたのではなく、韓国の民間企業によって騙されて連れていかれたんじゃないの??って思う事が出てきました。

 

 

 

元々、慰安婦の問題については、韓国でも全く問題になっていなかったのに、ある日突然出てきたみたいですよね。

 

 

 

 

 

 

そのきっかけになったのが、この吉〇清治氏の本。

 

この動画は、この本に書かれている慰安婦の強制連行が本当か?を調査する昔の映像です。

 

学生運動が活発な時代の人達だから、日本政府の「権力は悪」だと考えているんでしょうね。

 

だから、この様な日本人を貶めるような事出来るんだと思う。

 

 

 

 

 

 

じゃあ、「それ以外の場所であったんじゃないの???」って思って、日本政府が調べてみたところ、当時の日本軍の資料からも、そのような記述はなかったようです。

 

しかし、韓国政府からは、「日本政府」が関与した事をどうしても認めて欲しいという要望を受けたので、更に日本政府が調べたところ、一点だけ関与した事実が出てきたそうです。

 

 

その「関与」っていうのは、「強制連行をした」ことではなく、民間企業が慰安婦を移動させる時に、「慰安婦」が「安全」に就業場所までいけるように「警護」する為に関与したという事実。

 

 

「関与」といっても、ちゃんと理由を説明すると全然イメージが異なる。

 

 

 

連想ゲームじゃないけど、

 

・韓国は日本軍が「強制連行」をしている事を認めて欲しいと主張している →

 

・日本が「警護での関与」という理由を隠して、「関与した事実」だけを認める。 →

 

世間のイメージでは、「日本が強制連行した事を認めた」という認識になる。

 

・でも、日本政府は強制連行はしてないけど、認めないと韓国から文句ばかり言われるので、しょうがないから、日本から見ても、どっちの意味でも取れるような関与を認めるようにする。

 

 

 

本当にいい加減ですよね、当時の日本政府は。

 

もめ事がめんどくさいからって、よくもまあこんな事認めたもんだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

この方は、当時の事を知る「元朝鮮総督府内務課長」の方です。

 

これが俗にいう「河野談話」の真相みたいです。

 

 

 

 

 

当時の慰安婦は、とても高給取りで、少しの間、働くと「家が建てられる」なんて言って、嫌々ながらも慰安婦になったそうです。

 

その当時の朝鮮は日本も同様に貧しかったので、「生きていくため」に両親が娘を送り出すというか、朝鮮の業者へ「実の娘」を売ったりしていたそうです。

 

昔の日本にも、そういう事があったという事は聞いたことがあります。

 

 

 

 

日系アメリカ人の監督により従軍慰安婦の真実についてのドキュメンタリーです。

 

アメリカの正式な文献でも、「慰安婦」は強制ではなく、プロの売春婦である。と、当時の記録から確認できます。

 

 

 

 

 

元日本人として戦ってくれた台湾の人の話です。

 

この方も強制は無かった事を証明していますよね。

 

ここまでくると、「本当に従軍慰安婦が強制連行されたのかな???」って韓国政府の話は疑ってしまいます。

 

 

 

 

では当時の日本人達は、どういう人だったのか?

 

元日本人の台湾の人のインタビューです。

 

 

 

その当時の事を知っている人で、今の日本を憂いている方です。

 

この人の方が今の日本人よりも、本当の日本人って感じですね。私が幼い頃にも、このような人達がいっぱいいました。

 

悪いことしたら叱ってくれる大人が。

 

 

 

この方の話は、本当に私も同意できる。

 

このインタビューを聞いている限り、昔の日本人とても正義感が強く、真面目な人が多い事が、理解出来ます。

 

 

 

 

 

ベトナムカンボジアで戦っていた元日本軍の人の話です。

 

白人国家は植民地政策で、現地の人を奴隷のごとく扱っていたようですね。

 

 

 

 

 

当時の韓国の大統領が、植民地は嫌だけど、白人に支配されるよりも日本に統治された方が良いと過去に言っていた意味が理解出来ます。

 

 

 

今の韓国人には、とても屈辱的な事かもしれないですけど、その当時は取るか取られるかの世の中だったので、当時の韓国の大統領は已むに已まれずこの様な決断をした様ですね。

 

 

その当時の韓国人の中には、日本軍で偉くなった人達も結構いたみたいで、下士官の日本人韓国人の上官使われていたようですね。

 

 

 

 

また、韓国人の人達がよく言う、強制連行があったという事実について。

 

 

 

 

中国政府は認めないだろうけど、これは中国人の慰安婦の話です。

 

中国の人からこのような話が聞けるのは、とても興味深いです。

 

昔の中国人には、本当に犠牲になる人が多く、とても大変な思いをしたんですね。

 

あの当時の中国の軍人民間人に対する対応を見ていると、この話も真実だと思います。

 

 

 

ここまで聞いて思うのは、結論として、「日本軍が強制連行に関与した事実は、おそらくないだろう。」という事です。

 

関与した事実があるのは、「護衛」をした事実があっただけのように感じます。

 

 

 

 

韓国のハルモニ達強制連行があったといっているのは、日本政府が強制連行したのではなく、朝鮮の業者によって「強制連行があった」ことを言っているんじゃないかと思っています。

 

 

 

これまで何度も日本政府と韓国政府の間で慰安婦問題について「最終的に決着した」と言っていてお金も払った(強制連行してないのに、韓国が文句言うから仕方なく)にも関わらず、また話を掘り返してきて、「また」日本政府からお金を取ろうとしている。

 

こんな事が今でも続いているので、韓国政府の言う事は、とてもではないけど信用できない。

 

 

 

 

 

他にもハルモニに対して、韓国の支援団体を通してお金払ったら、そのお金がハルモニに渡るのではなく、支援団体が勝手に使ってしまったらしいし。

 

 

韓国国内が、こんなことばかりなのに、韓国政府の言い分は、当然信じられる訳がない。

 

結論として、「日本政府」「軍」が主導で強制連行をした事実は無く、働きに来ている売春婦が危険にさらされないように護衛をする意味での関与があった。

 

助けるために関与をしたら、世界中で強制連行したと言われる日本。

 

これはもう、ふんだり蹴ったりですよね。助けない方がよかったのかな??

 

 

 

それと世界中で慰安婦の問題日本が悪いと言っていますが、「何を指して」悪いと言っているの?

 

強制連行を悪いと言っているの?この問題は、韓国の民間企業の問題なのに。

 

それとも、売春行為そのものを悪いと言っているの?でも、世界中で売春婦がいますし、売春組織無くなったら、性犯罪は必ず増加しますよ?

 

 

 

世の中にはしたくても出来ない人もいるんですよね。

 

その人達は一生我慢しているの???多分無理だと思うけど。

 

どれぐらいその欲求が強いか?というと、男性にとっての三大欲求「睡眠欲」「食欲」「性欲」は、それぞれ同じぐらいの欲求みたいなんですけど、貴方は睡眠欲に勝つことが出来る??それと同等なんだよ?

 

 

 

 

 

それと、ロシアは先の大戦でドイツの数多くの女性をレイプしていますよね?日本でもレイプしていましたよね?

 

 

 

 

私の知り合いの祖母が、その被害者ですよ?

 

 

 

 

 

アメリカでも、ものすごい数の強姦が発生していますよね?

 

戦後だって、沖縄で何人の日本人女性をレイプしましたか?

 

終戦後最初の10日だけで、神奈川県で1400人近い日本人女性を強姦しましたよね。

 

 

 

 

 

 

韓国ベトナム戦争で、どれだけのベトナム人を強姦したんですか?

 

強姦によって生まれたライダイハンがベトナムには数多くいますよね?

 

それに韓国自体、日本と比べて10倍近い性犯罪が発生していますよね?

 

 

 

このような性暴力被害を抑制する為に、慰安婦を設立したんですよ?

 

そもそもありもしない事で文句言われたくないし、ヨーロッパアメリカのように性犯罪の多い国に言われたくない。

 

 

 

 

 

だけど何度も言うけど、韓国政府韓国人は分けて考えて下さいね。

 

勿論、韓国にも良い人もいれば悪い人もいます。

 

 

 

私が若い頃、横浜で働いている時に、たくさんの韓国人と実際に遊んだり、仕事もしていますけど、在日も含めて、良い人多かったので。

 

 

それと、韓国人も「日本人として」戦ってくれたことを忘れないで欲しい。

 

これは事実だから。

 


 

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

俗にいう「従軍慰安婦の問題」について関連ページ

座間9人殺害事件の風俗スカウト、相模原障碍者施設殺人事件について。道徳の衰退について若者や親世代に言いたい事。
そもそも道徳の衰退について何を考えるのか?
川崎登戸19人殺傷事件について
通り魔的殺人についてお話をしていきたいと思います。
コロナウィルスにおける医療従事者と建築業者の社会的地位について
コロナウィルスで医療従事者への感謝の念について、思う事を話します。
アジア人人種差別問題について 海外で仕事をした経験から思う事。
実際に私が海外に行って仕事をした時の体験談を基に話をしたいと思います。
本音で言わせてもらうよ。アジア人差別の原因となったコロナウィルスの起源について
人種差別問題についてお話をしていきたいと思います。
ウクライナとロシアの戦争について思う事。もしかすると、日本も戦争に巻き込まれる結果になるかもしれない。
戦争の可能性などについて話したいと思います。
海外との取引について。 台湾・香港・シンガポール・中国編
海外との取引で学んだことについてお話をしていきたいと思います。
中国が言う領土問題について。台湾と香港編
私の業務を通じて経験した事についての話。
ウクライナの人がいう「国際社会や日本は何もしてくれない」と言う意見について。
先日メディアで見たウクライナの人の意見経験についての話。
ロシアへの経済制裁を強める事は、最悪の状態を引き起こすかもしれない。
ロシアへの経済制裁についての話。
ロシア(プーチン大統領)が言うウクライナでのジェノサイドについて。また日本がウクライナから受けた事実について。
ウクライナは日本の事をどのように考えているのか?についての話。
ロシアのマリウポリ制圧で日本の「義」を見せて欲しい。
日本政府がロシアとウクライナの紛争に介入して欲しい。
俗にいう「南京大虐〇」について
中国がいう史実についての話。
コロナウィルス甘く見て、拡散するアメリカ軍。
コロナウィルスについての話。
移民問題について
私の業務を通じて経験した事についての話。
なぜ自殺者が減らないのか?いじめ問題について
私のこれまでの経験を通して感じた話。
台湾有事の際に日本を介入するべきなのか?帰化についての話。
台湾人との付き合いの中で私が感じた話。
若い子が結婚しない理由。晩婚化になった原因について
私の業務を通じて女性たちと付き合った中で感じたことについての話。
近い将来の中国とロシアとの戦争に備えた方がいい。
私の業務を通じて経験した事についての話。
ウクライナの日本人義勇兵で思う事。
ここ最近、「日本の論調も含め、思慮深くなくなったように感じる出来事が多い」についての話。
安倍元首相を〇したのは、中国かもしれない。
安倍元首相が殺害されるときの警備状況を見て、とても疑問に感じていた事を話します。
迫る戦争の前に日本の核武装について
日本の核武装・核兵器保有についての話。
ロスジェネ世代(団塊ジュニア)から見える中国や韓国、台湾に経済的に抜かれていった原因の一部について
私の業務を通じて経験した事についての話。
トラックドライバー不足の2024年問題について
私の業務を通じて経験した事についての話。
自衛隊機墜落の原因が、中国からの攻撃なら日本開戦するかもしれない。
日本の航空自衛隊機が墜落した原因についての話。
「NHK党」と「参政党」と「れいわ新選組」の戦い!神奈川県知事選と東京都区議選が面白い!
将来を決める若手の選挙についての話。
ウクライナ、本格的にロシア本土を攻撃?!第三次世界大戦の幕開けの様な気が…
ここ最近、ウクライナの動きが大胆になってきているので、戦線拡大する恐れについての話。
命の選別。優先順位はあるのか?素晴らしい医師に感謝。
医師を目指す人は何をもって目指すのか?公の為?それともお金?についての話。
過剰な子育て世代への支援で、年金受給の高齢者、激おこ!
職場の高齢者から聞いた今の子育て世代ついての話。
ワグネルのプリゴジンさん、激おこプンプン丸!
ロシアの民間軍事会社のワグネルとウクライナについての話。
アメリカ債務上限の引き上げ出来なければ、アメリカ政府は経営破綻する?
アメリカの財政や日本に及ぼす影響についてついての話。
日本人を差別をする外国人が、日本に対して思っている事。
究極の差別国家ついての話。
日本にいるイスラム教徒が神社を破壊! 宗教による考え方の違いによって軋轢を生む。
イスラム教徒の考え方や価値観についての話。
「また原爆落とす」とか言っていたアメリカ人が殴られる。
アメリカ人についての話。

ご挨拶


ホーム RSS購読 サイトマップ