時には過去を振り返り・・・それは、前進する為の道しるべともなる。


物を購入する時に、消費者は知らない販売者・広告代理店の本当の思惑!
これを知っているのと知らないのでは、選定基準が大きく異なるはず!
知らなければ損をする、経営者だけが知る本当の情報を教えます!
下記より無料登録して下さい。

無料 動画 口コミ

時には過去を振り返り・・・それは、前進する為の道しるべともなる。

皆さんこんにちわ。

 

ここ最近、色々な友人・知人から相談を受けるのですが、どうせなら、一部をここでお話したいと思います。

 

といっても、個々の悩みの内容はお話できないので、例としてお話をしていきたいと思います。

 

 

 

誰でも、大なり小なり悩みを抱えているのですが、悩みを解決するスピードについては、行動力に比例すると思います。

 

 

 

例としてお話すると、

 

好き勝手やっていたら、奥さんが鬱病になってしまって、どうしたらいいのか?とか、

 

事業を起こしたけど、色々な問題にぶつかり、どのような考えで物事を運んで良いのか?とか、

 

定年後の仕事はどうすればいいんだろう?とか、

 

トラブル抱えているので、誰か助けて欲しいとか・・・

 

ここで、率直に本音を言えばこのように思っています。

 

 

好き勝手やっていたら、奥さんが鬱病になってしまって、どうしたらいいのか? 

 

答え:俺に聞くな。自分が原因だから、自分がどうすればいいのか考えろ。 
こんな事、人に聞く事じゃない!

 

事業を起こしたけど、色々な問題にぶつかり、どのような考えで物事を運んで良いのか?

 

答え:本読んで、勉強しろ!
沢山の苦労を経験する事で、自ずと学べるよ。 私も年配の人にそう教わったし、実際そうだったよ。
 

 

俺が言ったとおりにやるのか?そしたら、人生つまんなくないの?

 

定年後の仕事はどうすればいいんだろう?

 

答え:起業したほうがいいんじゃないですかね?
楽しんで、第二の人生を送ったほうが良いと思いますよ。

 

トラブル抱えているので、誰か助けて欲しい

 

答え;あの・・・・便利屋さんじゃないんですけど・・・
私が困ったら助けてくれますか?
かなーり重い話になると思いますよ、私の場合・・・
その時になって逃げませんか?

 

と、まあ、ここまでが本音です。

 

 

 

私は、話を伺ってみて、今の自分が思ったことを、相手の身になって考えて解決策を提案しますが、いつも私は、このようなお話をします。

 

「あなたは、どうしたいのですか?」

 

 

 

何故この言葉を言うのか?といえば、

 

多くの人の心の中には、私に話す前に、既に自分の中で「答え」になるものが決まっていて、その回答を誰かに話してもらう事によって、自分の選択が間違っていないんだと確認したい為だと感じているからです。

 

 

 

この世の中に何も考えていない人間なんていないと思っていますし、皆が自分の答えに不安を抱いているんだと感じているんです。

 

だからこそ、未だに多くの人がセミナー等に参加して、何か解決のきっかけになるものを模索しているんだと思います。

 

 

 

答えはすでに、その人の心の中にあって、セミナーの中で、しっくり来た言葉が心に残って、自信をつけて人生を歩んでいく。

 

 

 

セミナーは、そんなプロセスを感じられる場所なんではないかと思います。

 

ちなみに、「相談するという行為」もまた、きっと同じ様なものではないかと感じています。

 

 

 

私自身、よく言われるのが、「何故、そのような環境から、前向きに歩んでいけるようになったの?」と言われます。

 

「そのような環境」というのは、友人達は、私の過去の生い立ちを知っているからなんですけどね。

 

「世の中には、ならなくてもいい人に不幸な出来事がなったりするけど、その中の一人に入るよね・・・」とか言われても、本人はいたってケロっとしてるから、不思議みたいです。

 

 

 

というのも、その当時の私達の周りには、もっと劣悪な環境に置かれている人が沢山いたので、彼らに比べたら、自分の抱えている問題なんて、どうってこともないと思えるように、なっていたんですね。

 

 

 

それに、日本で生まれただけでも、既にラッキーですよね。

 

他の国の中には、食べられない人達もいるのに・・・

 

それに問題は、今現在の出来事ではなくて、過去になるものですから。

 

過去というのは、1日前も「過去」ですよね?

 

 

 

過ぎ去ってしまった事に、いつまでも悔やんでいるのではなく、前を向く事だけに全てを集中させて、夢を見ることができるのは、自分の心に「希望」という灯火を燈し、ある意味、楽しい過程でもあります。

 

同じ出来事でも、考え方を変えるだけで景色が一変するように、多くの人から得た知識を集約させて、自分の頭で繰り返し考えていく事の積み重ねが、とても大事です。

 

 

 

事業でも一緒ですが、いつも通勤している電車の中から見える景色を、何も意識していなければ「ただの景色」にしか映りませんが、意識をした瞬間から、多くの広告が目に留まり、ヒントが沢山転がっているように見えます。

 

不動産であれば、あの地域には集客できそうなスポットがあるな・・・とか。

 

全てがそのように変わってくるのです。

 

 

 

今この瞬間を楽しんで生きることを重きをおいていて、考える事を忘れてしまった人と、そうでない人。

 

 

 

この違いは1年後、10年後と年月を重ねていくと、とても大きな差になっていきます。

 

昔から、私は友人との会話で、こんな風な将来についての話をしていました。

 

 

 

その当時の友人の多くが、生きる事に対して、若者特有の「勢い」の様なものがあったので、「今この瞬間だけ楽しめたら、それでいい。」という日々を過ごし方をしていました。

 

そんな時に、真面目な話をしたところで、誰で真に受けなかったんです。

 

でも、その結果どうだろう?

 

 

 

その昔、私が悩んでいた事と同じ問題で、今も変わらず悩んでいる友人。

 

その苦しみを、私自身も過去に味わった事があるけど、辛くても、前向きに頑張っていった結果、今では克服する事ができたので、昔を懐かしむ様な感じて、その話を聞いていましたが、それと同時に、何ともいえない差のようなものを感じてしまいました。

 

この人は、このまま「自分に楽なコミュニティー」だけに属して、日々を過ごしていたら、10年後には、後悔する人生を歩んでいないだろうか?・・・と感じてしまいました。

 

しかし、本人が好きで望んだ場所であれば、仮にその後、後悔する出来事があったとしても、それもまた一つの人生です。

 

 

 

私は、相談を持ちかけられた時に、相手が自分の問題を明確に理解していて、かつ「どのような考え方をすればいいのか?」と聞いてこなければ、原則、改まって話はしません。

 

それには理由があり、私は「答えなんて、あるんだろうか?人にはそれぞれの生き方があるはずなのに」と感じている点があげられます。

 

 

 

よく答えを探しているような人を見かけますが、実は、「よし、これでいこう!」という決断だけが必要なんだと思います。

 

 

 

会話の中で自分の意見を通したい、相手に影響を及ぼしたいと感じた場合、聞く耳を持たせる事が何よりも大切で、それなしでは相手は、言葉の真意を掴もうと努力もしないですし、さらには、「気持ちのいい答えだけ」を望む人間にもなってしまいます。

 

それは、その人にとっても決して良い事ではないですよね。

 

 

 

答えというのは、無料の情報であればあるほど、希少価値も下がってしまうのは、人の心理だと考えています。

 

それと同じように、相手が求めていないのに、簡単にヒントになるような事を伝えても、物事の真意を見定めないだろうと感じています。

 

 

 

また、決して答えだけを教えたからと言っても、それが出来るかと言ったら、そうでもない。

 

極端な話、スポーツでも、技を教えて努力すればプロになれるという答えを出したとしても、技を習得する心も大切であり、成功の秘訣は、この心にあると考えています。

 

 

 

同じ様に悩み、もそうですね。

 

この相談事というのは、悩みではなく、「承認・賞賛」が欲しいんだろうな・・・とよく感じる時があります。

 

つまるところ、私は人生をシンプルに考えている事が一番大事であり、それは適当に生きる事とは、異なると考えています。

 

 

 

問題を先送りしない。

 

これが一番大事だと考えていて、問題から一時的に非難できても、必ず逃れる事ができない宿命のようなものが存在すると考えています。

 

問題が何か?を考える。

 

      ↓

 

解決策をいくつか、出す。

 

      ↓

 

   実行。 以上w

 

そう感じられる考え方をするのが、心のあり方だと考えています。

 

人生をシンプルに考えているという事は、このように考えている事ですね。

 

 

 

しかし、それを作るには勉強と習慣が必要とだ感じています。

 

人間だから、落ち込む時もあれば、そうでもない時もあるけど、できるだけ笑顔で歩んだ方が、良い事おきます。

 

そういう意味で、ポジティブに、そしてシンプルに生きるということが、本当に大切な事だと実感しています、私の場合。

 

 

 

 

そういえば話は変わりますが、最近、駄菓子にはまっていて、その昔小さい頃に駄菓子をあまり買えなかった経験から、大人になった今、一回の買い物で結構な量を買います。

 

昔を思い出して、最近、食パンにマーガリン塗って、砂糖をまぶして食べていますが、なんか懐かしい味がします。

 

 

 

あとは、ご飯にマーガリンと、醤油。これも美味しい。

 

ラーメンの袋のやつを、そのままスープの粉つけて、食べてみたり・・・

 

 

 

それ以外にも、魚の骨を焼いて、カリカリにするとせんべいみたいに食べられるの知っていますか?

 

あれも、この前久々やったら美味しかった。

 

偏食ではなく、お金がなかった時の知恵だったりします。

 

 

 

最近、そういうのが懐かしくって、色々な事を思い出しては、また試して食べたりしています。

 

初心を思い出させるってことですね。

 

 

 

小さい頃って、兄弟でも食べ物争奪戦だったりしたけど、今はどうなんだろう・・・

 

毎日が、ひもじいと感じながら過ごしていたけど、夢があったから、それだけで毎日がワクワクしていた。

 

 

 

大人となった今では、そんな夢を追っている時間もなくなるぐらいに毎日に追われて、気付いてみたら少年の時の気持ちを忘れてしまったけど、時々こんな風にやってみて、食事から、昔を強制的に思い出させているんです。

 

 

 

結構、これいいですよ。

 

自分が一番いいと思った時の食事を味わったりするのが、解りやすいぐらいに過去を思い出して、力をくれる

 

 

 

逆もしかりなので、気をつけてくださいね。

 

少年の心をもった大人であれ。これ大切です。

 



友だち追加
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

時には過去を振り返り・・・それは、前進する為の道しるべともなる。関連ページ

嫌だなーと思う仕事の進め方。また、感じ方などをどのように克服するのか?
嫌々仕事をするのが良いのか?それとも楽しく仕事をこなしていくのか?
「人を裁くな。人の捌きを受けるのが嫌なら。」うつ病を治すには必要な考え方!
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
今日、一日の区切りで生きる大切さ。うつ病を治すには必要な考え方!
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
第一歩が踏み出せないという悩みについて。失うことが怖いと感じる事が、成長を遅らせる。
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
人との縁によって助けられる。仏法の教えが身に沁みる。うつ病克服に必要なマインド!
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を仏法で変化させる事が重要。
うつ病等の悩みがもたらす心への作用について。あなたの人生をどのように蝕んでいくのか?
悩みを無くし、日々の生活をを変化させる事が幸せの第一歩。
動画で教える鬱病(うつ病)改善方法!実際に克服できた話です。
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
うつ病などを治すにも、時として、精神統一の必要がある。
心のあり方・業務に必要なマインド
鬱病(うつ病)を克服する3つのステップ DVD全3巻!※体験談に基づいています。
うつ病を克服するには、どうすればいいのか?体験談に基づく話です。
鬱病(うつ病)治療における向精神薬の役割とは?この事を理解しないで薬と付き合えば、必ずしっぺ返しを食らう。
向精神薬とどのように付き合っていくべきなのか?
今まで人には言えなかった心の内を・・・ちょっとだけ公開したいと思います。
うつ病になった本当の原因とはなんだろうか?
うつ病を治すには必要な考え方!環境がもたらす心の変化 マインドコントロール編
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
多くの人の「何気ない善意」が世の中の見え方を変える
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
ポジティブな考え方をするには、どうすればいいのか?どうしてもネガティブな考え方をしてしまう人、必見!!
ポジティブな考え方をするには、どうすればいいのか?
人生(日々の出来事)から逃げない。何かをしようとするときに、理由を付けては、逃げてしまう人は必見!!
心のあり方・業務に必要なマインド

ご挨拶


ホーム RSS購読 サイトマップ