鬱病(うつ病)治療における向精神薬の役割とは?この事を理解しないで薬と付き合えば、必ずしっぺ返しを食らう。


物を購入する時に、消費者は知らない販売者・広告代理店の本当の思惑!
これを知っているのと知らないのでは、選定基準が大きく異なるはず!
知らなければ損をする、経営者だけが知る本当の情報を教えます!
下記より無料登録して下さい。

無料 動画 口コミ

鬱病(うつ病)治療における向精神薬の役割とは?この事を理解しないで薬と付き合えば、必ずしっぺ返しを食らう。

皆さんこんにちわ。

 

今回は鬱病における精神医学業界の見解や思惑について、お話をしたいと思います。

 

 

 

以前より、薬を使わずに鬱病を治す事を推進してきた私ですが、その理由になるものが、何点かあります。

 

その理由の一部として、我々のような風俗の業界でも、実際に働いているスタッフにも鬱病だったり、その傾向にある人が、数多く存在しています。

 

当然ながら、身近にも多数存在して、目の当たりにしてきた事がきっかけでした。

 

 

 

私が実際に経験した事例として、うつ病にかかっていたスタッフが薬で呂律がまわらなくなり、本人も何を言ったのか覚えていないようだが、私のところに電話をかけてきて、意味不明な事を言っているケースがありました。

 

本人は翌日になって、電話の履歴から自分で掛けた事がわかり、連絡をしてきたのですが、何を話したのか覚えていないという事が、度々起こっていました。

 

 

 

それは、向精神薬によって、一時的に高揚してハイになった状態であり、一過性のものになります。

 

自分にあった薬と、適量を見定めた上で服用し続けなければ、本人が望む成果が感じられません。

 

 

 

しかし、当時の私は、このスタッフが服用期間が長期になればなるほど、症状がどんどん悪化しているように、思えていたんです。

 

このままいけば、少し壊れていた心が、完全に破壊されて、精神病棟に収容されるに違いないという思いから、本人には何度となく忠告をしました。

 

 

 

自分の精神的弱さを薬で補う事で、強くなったように錯覚するんですが、その強さを取り込む事で、メリットデメリットが生まれてきます。

 

 

 

人生とは不思議なもので、その物事のメリットだけが欲しいと感じていても、物事は、一つを手に入れたら、一つを失うように出来ているんです。

 

 

 

例えば、一見、華々しい世界の芸能業界でも、その活躍の裏腹に、時間も、プライバシーも尊重されなくなります。

 

絶対的に一般の人と違う点でいえば、知名度ゆえのプライバシーの侵害でしょうね。

 

つまりは、収入・知名度と引き換えに、プライバシー・自由な時間が無くなっていきます。

 

 

 

何を掴んで何を捨てるか。

 

 

 

人それぞれに違うと思います。

 

この事を心の底から理解することは、とても大切な事で、この「二者択一」という現実については、他の出来事でも同様に、選択の機会を迫られます。

 

しかし、必ず誰でも平等にやってくる苦渋の選択を行う機会を、数多くこなす事で、人生に深みが出てくるとも思っています。

 

 

 

自分の心の弱さを真摯に受け止めて、その上で強さを求めていかなければなりません。

 

自分の弱さを隠すのではなく、素直に受け止めて、その上で前に進む事が大切だと私は感じています。

 

 

 

私は、一言で自分を表現するならば、「雑草魂」ではないかと思っています。

 

踏まれて、なじられて、踏みつけられて、馬鹿にされても、それでも何度も立ち上がり、また前を向く生き方をしていきたいと思っています。

 

カッコいい所ばかりを見せるのではなく、かっこ悪い自分をしっかりと認識して、その上で前を向く事。

 

 

 

私は、失敗を沢山経験した人間が、個人的に大好きです。

 

最初から上手く何でも言っている人間には、面白みも深みも感じられないんです。

 

 

 

失敗して、涙して、かっこ悪く生きているから、逆にカッコいいし、深みが増すんです。

 

そんな人間が大好きなので、私もまた、その様な人間になりたいと感じています。

 

 

 

個人の嗜好はさておき、薬がもたらす物は、いったい何があるのでしょうか?

 

 

複数の精神科に行った時に診断結果が異なり、処方される量も薬も違う事ありませんか?

 

何を見て決めているのかご存知ですか?

 

精神医学業界の本音は、どこなんでしょうか?

 

私は、薬がいけないといっているのではありません。

 

上手くお付き合いをしながら、服用する事が大切だといっているのです。

 

 

 

例えば、最悪な状態の時には、一時的に効果の見込めるもので、とりあえず最悪の事態を回避し、多少改善できたら薬と縁を切ることが大切なんです。

 

現在治療が上手くいっていると思えない方は、服用の仕方に問題があるかもしれません。

 

 

 

または、薬の種類自体にも問題がある場合があります。

 

その薬剤の本質を理解して、付き合っていかなければならないのです。

 

衝撃的かもしれませんが、ご覧になって下さい。

 

 

お客様から私への成績表です。
ポチっと押してくれた数が多ければ、それを指針にして活動を行なっていきます。

 



友だち追加
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

鬱病(うつ病)治療における向精神薬の役割とは?この事を理解しないで薬と付き合えば、必ずしっぺ返しを食らう。関連ページ

嫌だなーと思う仕事の進め方。また、感じ方などをどのように克服するのか?
嫌々仕事をするのが良いのか?それとも楽しく仕事をこなしていくのか?
「人を裁くな。人の捌きを受けるのが嫌なら。」うつ病を治すには必要な考え方!
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
今日、一日の区切りで生きる大切さ。うつ病を治すには必要な考え方!
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
第一歩が踏み出せないという悩みについて。失うことが怖いと感じる事が、成長を遅らせる。
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
人との縁によって助けられる。仏法の教えが身に沁みる。うつ病克服に必要なマインド!
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を仏法で変化させる事が重要。
うつ病等の悩みがもたらす心への作用について。あなたの人生をどのように蝕んでいくのか?
悩みを無くし、日々の生活をを変化させる事が幸せの第一歩。
動画で教える鬱病(うつ病)改善方法!実際に克服できた話です。
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
時には過去を振り返り・・・それは、前進する為の道しるべともなる。
人生を時には振り返り、思い直してみることの重要性。
うつ病などを治すにも、時として、精神統一の必要がある。
心のあり方・業務に必要なマインド
鬱病(うつ病)を克服する3つのステップ DVD全3巻!※体験談に基づいています。
うつ病を克服するには、どうすればいいのか?体験談に基づく話です。
うつ病を治すには必要な考え方!環境がもたらす心の変化 マインドコントロール編
うつ病を克服するには、日々の心のあり方を変化させる事が重要。
ポジティブな考え方をするには、どうすればいいのか?どうしてもネガティブな考え方をしてしまう人、必見!!
ポジティブな考え方をするには、どうすればいいのか?
人生(日々の出来事)から逃げない。何かをしようとするときに、理由を付けては、逃げてしまう人は必見!!
心のあり方・業務に必要なマインド
あなたを不幸にする、決して付き合ってはいけない人間。
人生において付き合ってはいけない人間がいるように思えます。ではそれはどんな人間なのか?そのようなお話です。

ご挨拶


ホーム RSS購読 サイトマップ