自宅で治す事ができる多くの病気について

首・肩・腰の痛みについて

 

この章では、腰痛・椎間板ヘルニア・首の痛み・頚椎ヘルニア・ムチウチについてご説明させて頂きたいと思います。

 

 

腰痛・椎間板ヘルニアについて

 

腰痛と一言に言っても色々ありますが、原因の多くは「身体のバランス」が原因と言われています。

 

例えば、腹筋と背筋のバランスや下腹部側面の両側のバランス等。

 

多くの問題がこれらの「身体のバランス」に関係していると思われます。

 

私自身も実際にバランスが崩れている事から、腰痛になり、その後バランスを整える事で改善へと向かいました。

 

椎間板ヘルニアについては、頸から腰までどの場所にも発生する可能性がありますが、ほとんどは腰の部分で起こります。

 

ヘルニアの程度によって自覚症状もさまざまですが

 

?腰が前に曲がりにくい

 

?腰や背中がひどく凝る

 

?腰を曲げると太股やふくらはぎにしびれるような痛みが走る※坐骨神経痛

 

?歩行困難になる

 

?尿が出にくくなったり、便秘がちになる

 

このような症状があるようなら、椎間板ヘルニアの可能性があります。

 

原因の一つは椎間板の老化です。

 

髄核(中心部のゼリー状のもの)の水分量は年齢とともに減少して粘り強さがなくなり、圧力に耐えきれずに線維輪(外側の固いもの)を破って突出しやすくなります。

 

椎間板ヘルニアの原因になる可能性のある動作としては、重いものを持ち上げる、引っ張る、体をひねる、長時間の座り仕事などがあげられます。

 

これらに共通するのは、背骨に負担をかけるという点です。

 

また、椎間板ヘルニアの手術というと、一般的には脊髄に対して麻酔を打ち、手術します。

 

あまりの痛さに、言葉も出ないとお話を聞いています。

 

正直、絶対に手術だけはしたくない!!と思っています^^;

 

ここから先は先生からのお言葉になります。

 

整形外科の医師である私が言うのも変ですが首の痛み、肩こりの治療で、病院や整形外科で診てもらい、満足できなかった方は多いと思います。現状に問題があるからです。

 

しかし、次に訪れる、「素人」手当は、専門家から見ると、危険がいっぱいで、もっと避けるべき方法です。

 

その両方の原因と理由が、研究が大好きな整形外科医の私にはよくわかっています。

 

全国の悩める方々に、地方からではありますが、私の考える提案を広くお伝えしたいと思います。

 

短い診療時間では決して伝えられない、様々なノウハウが込められています。

 

決して期待を裏切らない、満足できる内容だと思います。

 

うえだ整骨院 院長 上田康浩

日本リバース医院長 今野 清志

【上田式】腰痛革命プログラム
〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜

 

起き上がるのも辛い椎間板ヘルニア・頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニア・肩こり・腰痛・首の痛みもこれで解消!手術やブロック注射・薬に頼らずにヘルニアを改善する今野式ヘルニア改善エクササイズ

 

 

首の痛み・頚椎ヘルニアについて

 

首・背骨の骨の間には椎間板と呼ばれるものがあります。

 

言ってみればクッションのようなものです。

 

その中心になる髄核という柔らかい部分がなんらかの要因で飛び出して神経を圧迫している状態を椎間板ヘルニアといいます。

 

腰のヘルニアも同じです。

 

頚椎椎間板ヘルニアは腰のヘルニアに比べて一般的に発症年齢が高く、40歳以上が多いようです。

 

具体的には下記の様な症状となります。

 

脊髄症状:
手、体幹、下肢のしびれ ボタンかけがしにくい、ハシが持ちにくい、 階段が降りるとき力が入らない。

 

歩行時足に力が入らない 尿の出方が弱い。便秘がち

 

神経根症状:
首から肩腕にかけて重い、だるい、焼けるような痛みが走る。 頚椎をそらすと腕に痛みが走る

 

椎間板性疼痛:
頭痛 頚部痛 めまい はきけ

 

上記の症状の方は、このような方法をお勧めしています。

 

うえだ整骨院 院長 上田康浩

徳永整骨院

【上田式】首の痛み改善プログラム 〜頚椎症・頚椎ヘルニア・頚椎捻挫・ストレートネックに対応〜

【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】自宅で出来る改善プログラム 改善しなければ100%返金保障付き

 

 

肩・腰の痛み(坐骨神経)について

 

坐骨神経痛とは臀部から大腿後面にかけて鋭い痛みを自覚する“症状”であり“病名”ではありません。

 

整形外科外来で坐骨神経痛を訴える患者さんは、主に腰椎疾患の症状として、腰痛の次に多く見られますが、その原因となる疾患は様々です。

 

今回は坐骨神経痛を来す疾患とその治療法についてお話ししたいと思います。

 

原因として、年齢により異なりますが、若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群が挙げられます。

 

腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激には発症し、ラセーグ徴候といって、仰向けの状態で下肢を伸展挙上すると坐骨神経痛が増強するのが特徴的です。

 

ほとんどの場合、片側の坐骨神経痛が出現しますが、ヘルニアの位置や大きさにより両側に見られることもあります。

 

梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。梨状筋間で坐骨神経が絞扼され、仕事や運動でストレスが加わり発症することが多いようです。

 

比較的稀な疾患とされていますが、約10%の頻度で坐骨神経のバリエーションが存在することから、見過ごされていることも少なくないと思われます。

 

一方、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、また帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もあります。

 

その他、年齢に関係なく特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられます。

 

こういった腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く、保存的治療で治りにくいのが特徴です。

 

うえだ整骨院 院長 上田康浩

亀有ひまわり接骨院 院長 大須賀昭

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜

大須賀式 坐骨神経痛改善法

【1日5分でできるストレッチ】

 

 

むちうちについて

 

車の追突事故等の際、体は前方に移動しますが頭は取り残されるので、急激に後ろに反り返り、次の瞬間前方へ曲がる状態となり、ムチのようにしなります。

 

この時、頚椎周辺(くび)の組織が損傷を起こしたものを「むちうち」といいます。

 

交通事故の代表的な後遺症として一般的で、事故の遭遇者はこの症状に悩まれる方が多くいます。

 

また、うなじの痛み、熱感、頭重感、肩こりなどの症状が現れることもあります。

 

他にも首の痛みやこわばり、背中の痛み、腕の痛みやしびれ、意識障害、頭痛、めまい、目のかすみ、耳鳴り、難聴、腰痛など体のあちこちに様々な症状が起こることもあります。

 


むちうち症で不幸にならないために〜むちうち症、むちうち損傷を長引かせないで治すために必要な7つの秘密〜1300人以上を見てきた 研究が大好きな 整形外科医の治療法