職場でのいじめ・虐待・ホームレス生活!体験談があるからこそ解る本当の治療法!鬱病(うつ病)等の精神疾患を治す「心のあり方」



物を購入する時に、消費者は知らない販売者・広告代理店の本当の思惑!

これを知っているのと知らないのでは、選定基準が大きく異なるはず!

知らなければ損をする

経営者だけが知る本当の情報を教えます!

下記より無料登録して下さい。

無料 動画 口コミ



職場でのいじめ・虐待・ホームレス生活!体験談から感じる鬱病(うつ病)が、なかなか克服できない理由は・・・

PC版ウェブサイトにて、キャンペーン期間を表示中!

 

鬱病克服ブログこちら

 

 

うつ病 克服 方法

 

現在精神科に通っている・向精神薬を服用しているにもかかわらず、いつまでも鬱(うつ)が改善されず、明日への希望を見出せない方の為に、このページは、存在しています。

 

私自身、鬱病(うつ病)で苦しんで苦しんで、本当に辛い6年間を過ごしていました。

 

その当時の私は、人間関係のトラブルや仕事が忙しいことから、どうしても、心に余裕が持てない日々を過ごしていました。

 

 

 

特に会社での人間関係等では、わざと仕事が上手いかないように意地悪をされる事が多く、足を引っ張るような事も日常的にありましたが、しかし、その当時の私は、「これぐらいの事に負けてたまるか!」という気持ちで、日々の仕事に取り組んでいました。

 

けれども、心の傷は、知らず知らずの内に進行していったのです。

 

当時の私は、自分が鬱病(うつ病)になってしまったという事実を認めたくなくて、今まで通りに、現場の仕事をこなす事に、全てを掛けていました。

 

負けたくない。まだ戦える。でも、苦しい・・・

 

うつ病である事を薄々認識しながらも、負けたくない一身から、いつも通り逃げずに業務を行っていたら、私よりも先に、周囲が私の身体の異変に気づき始めました・・・

 

 

 

それは、500円玉ぐらいの円形脱毛が何箇所か現れてきて、次第に人との会話がおぼつかない事・・・

 

そして、独り言がとても多くなり、次第に周囲に人が居ても、ブツブツと言うようになってしまいました。

 

しかし、その独り言が、誰かと会話をしているぐらいにはっきりと話している事に自分でも気が付いているにもかかわらず、止められないんです・・・

 

そして症状は酷くなり、睡眠中に寝ぼけて、怒り狂ったように暴れてを繰り返すようになっていきました。

 

そこまで来ると、自分でもおかしくなっている事は、認識出来ました。

 

 

 

それでも連日、明け方近くまで業務をこなしていると、ある日の朝、とうとう精根尽きて、出社する事が出来なくなりました。

 

あの時の感情は、今でも忘れられることが出来ません・・・・

鬱病 改善 治す

 

 

 

全てを放り出して、何もかも考えたくない・・・

 

もう・・・全て終わりにしよう・・・終わりにすれば、苦しみから解放される・・・もう何も考えたくない・・・・

 

 

 

今まで仕事を投げ出したこと無かった私が、会社にも何も言わずに無断欠勤をして、全てを投げ出して、何も見えなくなってしまった事

 

明日への希望など、何も見出せずになってしまって、何をどうすればいいのかわからなくなってしまった事。

 

 

 

その当時、鬱病(うつ病)のきっかけになった人の事を思い出しただけでも、嘔吐を繰り返してしまった日々は、今まで経験したことがないような出来事でした。

 

 

 

鬱(うつ)になった原因の人を見かけるだけで、また、同じ空間に居るだけで、震えてくる、あの恐ろしさ。

 

心が折れてしまう事がこんなにも辛いものだとは、皮肉にも、この時、初めて理解することが出来ました。

 

何度も自傷行為を行ってしまって、自分の命さえも粗末に扱っていく毎日となり、目を離してしまうと危険な状態が、3ヶ月続きました。

 

 

 

しかし、ここからが本当の地獄の日々でした。

 

回復したくても焦るばかりで、何をすればいいのか解らないでいて、自分なりに、もがき苦しんで解決策を模索していました。

 

精神科に通い、向精神薬を服用しましたが、しかし、一時的に気持ちが高揚するだけで、回復の兆しをいつまでも見つけられずに居ました。

 

医師より「仕事と環境を変えたほうが良い・・・」と言われても、その当時の私にとっては、今までの生活を支えてきた糧をみすみす捨てる事は、生活出来なくなる状態になることであり、とても受け入れられないものでした。

 

 

 

自分には、この仕事以外に何が出来るのだろう?

 

自分には、何もない・・・・

 

今の仕事を辞めても、新しい仕事場でも同じような意地悪な人間がいるのではないか?という不安。

 

 

 

そんな事ばかりを考えていたら、意味もなく出て来る涙・・・ 

 

止めたいのに、止め処もなくあふれる涙・・・

 

その時初めて、自分の「心」全てが壊れてしまったんだと認めざる得なくなりました。

 

 

 

暗闇の中で、いつまでも闇があけないでいるかのような恐怖感。

 

多くの時間を費やし、調査し、回復に努めていましたが、薬では一向に治らないことを気づき始めました。

 

一刻も早くこの苦しみから逃れたくて、沢山の本を見て、「自分の心をあり方」を見つめなおすことにしました・・・

 

 

 

 

あなたは今どのような状況ですか?

 

うつ病 克服 方法

 

安心して下さい。

 

鬱病は、薬ではなく、心のあり方・捉え方を変化させる事で、毎日あなたに降りかかる問題さえも、景色を変化させ、回復へ向かう手立てとなります。

 

その前に、鬱病はいったいどんな病気なのか?について、しっかりと学んでいきましょう。

 

 

 

鬱病はどんな病気なのか?

 

よく大まかに分けて「心の問題」と言われますが、正確には、心の問題ではなく、ストレスなどによって、脳が変化しているために起こる病気です。

 

まず、脳のシステムについて説明します。

 

人間の脳は、非常に多くの脳細胞からできていて、脳内では、脳細胞から脳細胞への情報(命令や指令)を、神経伝達物質という脳細胞の指令によって、細胞から細胞に情報を伝えるシステムになっています。

 

つまり、うつ病は、「脳内の神経伝達物質の減少」によって、引き起こされると考えられています。

 

この減少によって、情報量が減り、心と身体が一体した活動が、スムーズに行えなくなることで、様々な症状が表れると考えられます。

 

また、うつ病は、脳内の脳由来神経栄養因子(BDNF)(脳細胞の栄養)の減少によって、引き起こされるとも考えられています。

 

そして、この栄養の減少によって、脳細胞が萎縮し、伝えるべき情報量が減り、その結果として、情報をスムーズに伝えることができなくなると考えられます。

 

では、病院等で、処方される薬はどのような効果をもたらすでしょうか?

 

 

 

向精神薬の役割について

 

先程述べました鬱の原因から、どのような方法が治療には適切なのでしょうか?

 

この神経伝達物質を補填する役目を果たすのが、「向精神薬」となり、服用する事で、神経伝達物質の増加、脳細胞の栄養を与える事ができます。

 

 

 

では、薬を服用すれば治るのでしょうか?

 

一時的に、薬の作用で高揚する事も可能です。

 

しかし、それだけでは、実質的に完治には至りません。

 

 

 

それには、薬の役割が関係しています。

 

向精神薬は、減少した神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの量を増やす働きがあります。

 

向精神薬によって、トランスポーター(再取り込み)をお休み(阻害)させることで、神経伝達物質の量を増やします。

 

また、トランスポーター(再取り込み)をお休みさせると、関係のないところに作用することで、副作用が出てきます。

 

 

 

薬には、原則3種類の薬品が挙げられます。

 

 

血液のMHPGの量が多いときには、「SSRI」という種類の向精神薬

 

 

血液のMHPGの量が少ないときには、「SNRI」という種類の向精神薬

 

 

血液のHVAの量が少ないときには、「スルピリド」という種類の向精神薬

 

 

血形成分を調査し、一人一人に合った向精神薬を使用するという事が良いと、一般的に言われています。

 

この事から、血液を調べることは、1人1人にあった治療薬を提供するためにも、「重要である」と考えています。

 

※MHPG ・・・ ノルアドレナリンの指標となる物質
※HVA  ・・・ ドーパミンの指標となる物質

 

 

また、向精神薬については、いくつかの種類が挙げられますが、その特色についてもお話をしたいと思います。

 

 

三環系

 

最初に開発された向精神薬で、成分の化学構造の特徴から三環系(薬の構造に3つ輪っかがある)という名前が付けられています。

 

これらの薬は、うつ病の症状を改善する効果が期待できるのですが、その半面、脳内の複数の神経伝達物質に作用するため、副作用として口渇、便秘などが現れるデメリットも存在します。

 

 

 

四環系

 

三環系に続いて開発された薬となり、これも化学構造の特徴から「四環系」といわれています。

 

うつ病の症状を改善する効果は、三環系よりも弱まったのですが、その分、副作用が三環系よりも抑えられるメリットがあります。

 

 

 

SSRI

 

選択的セロトニン再取り込み阻害剤 (Selective Serotonin Reuptake Inhibitor) のことで、各単語の頭文字を取ってSSRIと名付けられています。

 

SSRIは、近年開発された新しいタイプの向精神薬で、世界中で幅広く使用されています。

 

SSRIは、その名前の通り、うつ病の原因となるセロトニン系のみに選択的に作用して、神経終末のセロトニンをある程度増やすように調整することで、うつ状態を改善するといわれています。

 

従来の向精神薬に比べ、必要な受容体のみに作用するため、副作用が少ないとされています。

 

 

 

しかし、ひとくちにSSRIといっても、構造が違うのです。

 

つまり、SSRIは、セロトニン再取り込み阻害(セロトニンを増やす)という共通点があるものの、そのSSRI種類によって、効き具合(セロトニンを増やす能力)頭(脳)へのしみ具合(移行性)や薬の体内で分解してくれる能力(代謝)など、様々部分で異なります。

 

薬の体内で分解してくれる能力にしても、SSRIにも強い方もいれば、弱い方も存在します。

 

これは、遺伝するもので、遺伝子を調べることで分かります。

 

強い方というのは、普通の方よりも多い量を飲まないと効きにくいでしょうし、逆に弱い方というのは、副作用ばかり出てしまうということになってしまいます。

 

だからこそ、血液検査が重要なのです。

 

 

 

SNRI

 

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor)のことで、各単語の頭文字を取ってSNRIと名付けられています。

 

SNRIはセロトニン系と同様に、ノルアドレナリン系にも作用し、比較的早期に効果が発現するといわれており、他の薬との相互作用が少なく、「副作用が少ない向精神薬」と言われています。

 

 

 

 

このように、種類は色々ありますが、実質的に薬のもたらす影響と言うのは、服用している場合にのみ有効であり、一過性のもので完治には至らないというのが私共の見解です。

 

つまり、薬を服用している時は、一見すれば治っているように感じるだけだった事が、実体験としても、あります。

 

そして一番懸念しなければならないのは、一人一人に合った処方量や薬剤が必要となり、これらを的確に処方するには、多くの時間を掛けて、医師の観察の元、投与後の経過時間が必ず必要となってきます。

 

 

 

SSRIについてお話をすると、すでにご存知の方も多いかと思いますが、アメリカ等では、数多くの自殺者を出している事でも、問題視されています。

 

我々が住む、ここ日本でも、服用したばかりに、症状が重くなり、悪化し、自殺をしてしまったという例もあります。

 

現場の医師は、一生懸命に患者の身になり、治療を行っていますが、薬剤投与の難しい部分でもあります。

 

更に詳しく知りたい方は、 こちら の動画をご覧になっていただければ、向精神薬がもたらす医療業界の裏側が理解できると思います。

 

 

 

この事から薬というものは、症状が重い時には服用しながら症状を抑制し、かつ心のあり方を見直し本質的な解決をする事が望ましいと考えています。

 

ようは、薬が主ではなく、あくまで補助的な役割として付き合っていくことが大切です。

 

 

 

 

 

しかし、いつまで経っても回復しないジレンマや、今後の人生が薬漬けになっていく事に、私自身、疑問に感じていました。

 

そしてなにより、鬱病の原因となった事柄を、今後どのように捉えて克服していけばいいのか?などを悩んでいました。

 

 

 

今、私はあの地獄のような闘病生活から、「心の捉え方」を変化させていく事で、今では起業するまでになりました。

 

製造を始めとする、サービス業を何店舗か経営し、今では経験した全てが、糧となり、更なる飛躍をして、ここまで回復する事が出来ました。

 

 

 

人生において、心がもたらす作用は、とても大きなものです。

 

たとえ、身体の一部が欠損したとしても、心さえ折れなければ、どんな事へもチャレンジしていけますし、前向きに人生を送る事ができます。

 

前向きに考えて、人生を変化させれば、あの苦しい日々の出来事は、なんだったんろう?とさえ、感じる事も出来ます。

 

 

 

しかしここで、あえて甘い言葉を話そうとは思えません。

 

それには、あなたの今までの人生で培った「考え方」や「物事に対する感じ方」を、これから少しづつ変化させていかなければならないからです。

 

 

 

例えば、友人関係を始めとする会社での出来事というのは、何処へ行っても付いてまわります。

 

今のままでは、何処へ行っても同じ事の繰り返しで、心は次第に擦り切れていってしまうでしょう。

 

そのまま擦り切れていけば、最後には、最悪の出来事を選択している自分が、容易に想像することが出来ると思います。

 

 

人は、そんな簡単に今までの考え方を変化させる事が出来ません。

 

だからこそ、毎日毎日、この動画をご覧になって、絶えず心の中で意識し、改善していかなければなりません。

 

そして、「私は絶対に変わるんだ!」「絶対に変わりたいんだ」「この苦しみから脱するんだ!」と覚悟をして頂きたいのです。

 

 

 

もし、

 

あなたの人生が激変できる事ができたらどうしますか?

 

この苦しみから、一刻も早く抜け出したくはないですか?

 

 

鬱病 改善 治療

 

 薬漬けの毎日から開放されて、やる気が沸いてくる。

 

 捉え方を変える事で、今までストレスに感じた出来事を、ストレスと感じないで克服する事が出来る。

 

 前向きに人生を歩む事ができるようになり、やりたい事が見つかり、行動も起こすようになれる。

 

 回復する事で、周囲と疎遠になっていたコミュニティーを回復する事や家族関係を改善する事ができる

 

 将来への不安から解消されて、希望を見出し、夢を持って人生を歩んでいける。

 

生き方を変化させる事で、人に対して恨んだり、妬んだりせずとも、
                                                 穏やかな気持ちで付き合っていく事が出来る。

 

 鬱を完治させて、結婚を考えたり、友人を沢山作ったり、恋人を作る事だって出来る。

 

 失ってしまった笑顔を回復させられ、楽しく穏やかない人生を送れる。

 

 

あなたの人生を変化させる事だけではなく、本来人間が生きていくのに必要となってくる「幸福感」というものも、日々の生活の中で感じる事ができます。

 

これは、生活水準とは関係なく、感じる事ができます。

 

あなたの心の捉え方を変化させる事で、多くの視野が開けていき、それは真っ暗闇の中から、視野が開けていくかのような感じを覚えます。

 

DVDに収録されている動画を一部公開していますので、日々の生活の中で、実際に気をつけて生活をしてみて下さい。

 

ブログなどでは、実際にうつ病を克服できたヒントや考え方・感じ方などを記述しています。

 

 

 

 

 

 

このDVDは、第一章第一話から始まり、第三章までご覧になって頂き、日々の出来事の捕らえ方を少しずつ変化して頂くプログラムです。

 

 

今までストレスと感じた出来事は、この世の中から無くなる事はありません。

 

それはあなたが、問題に対する捉え方を変化させていくまでは。

 

 

 

 

 

いつまでも治らないと感じていませんか?

 

同じ出来事が繰り返される日常から永遠に開放される事はないと感じていませんか?

 

考え方を無理やり矯正するのではなく、感じ方や捉え方を変化させていく事で、無理なく人生を歩んでいくことに重点を当てています。

 

この動画の全ての章を学び、毎日繰り返し見ながら、日々の生活に注意を払ってみて下さい。

 

もしも、あなたがこの動画を学ぶ事で全快できたら、きっとガソリンに火がついた車のように、新たな人生に向けてスタートがきれる事と想像ができます。

 

その為に必要な事を最短で学んで下さい。

 

 

 

鬱病 治す 方法

 

鬱病 回復 治療

 

鬱病回復 治療

 

このDVDは、繰り返し見て、学んだ事を、日々の生活の中で意識しながら過ごす事をお勧めしています。

 

現在、youtube等に動画をアップロードしていますが、時期を見て、削除させて頂きます。

 

特に大切な第三章では、日々の生活の中の事柄と取らし合わせて、お話をしています。

 

「あ!以前、同じ様なことがあった!」と感じるような事もあるでしょう。

 

それは、実践で使用できなければ、イメージがしにくい部分もあると思いますので、あえて実際の事例に基づいて、お話をさせて頂いています。

 

その上で、実践で役に立てて、日々を過ごしてみて下さい。

 

最後に、

 

うつ病 治す 方法

 

 

あなたの人生が、素晴らしい人生となり、今後、様々な分野で活躍していく事が出来るあなたへと変貌していることを切に願っています。

 

うつ病 克服 回復

 

 

鬱病 精神疾患 成功

 

※paypalは売り手にカード決済情報が知られない安全な取引方法です。
決済利用料として3.6%+\40-が掛かります。

 

※銀行振り込みおよびカードによる決済を選ぶ事が出来ます。

 

 


お客様から私への成績表です。
ポチっと押してくれた数が多ければ、それを指針にして活動を行なっていきます。

 


 

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村